好ましくない土地での賃貸物件について

土地柄曰くつき賃貸物件とされている噂についてや、風水上好ましくないとされる土地の条件などを書いてます。

好ましくない土地での賃貸物件について

好ましくない土地での賃貸物件について

賃貸物件などを探していると特に悪条件もないのに妙に家賃が低く、一見かなりお得な物件のように見えますが、実はこういった物件は大概過去に事件や事故があるケースが多々あるようです。例えばとある物件のとある部屋では、入居者が必ずそこで自殺をすると言ったようないわゆる曰くつき物件というものがあります。自分は霊感というものがなく、幽霊というものも見たことはありませんが、その部屋に入った入居者が複数自殺しているという事実がある以上はやはり、目に見えない何らかの力が働いているものだと認めざるを得ないところがあります。なのでこういった妙に安い物件に関しては、本当にきちんと下調べをした上で慎重に選んで行くようにするのがいいと思いますね。危険な物件を選んでそこで引越しせざるを得ないようななにか不具合が起こった場合だとはじめから普通の物件を選んでおいたほうが良いですからね。
また風水上あまり好ましくないとされる土地の条件というものがあるのも事実です。有名なものとしてはまずその土地の形ですね。これは長方形が基本的に吉とされていますが、この土地の形が三角形であったりするとかなり縁起が悪いらしいですね。またカーブの内側にある物件は良い気が溜まり基地とされていますが、カーブの外側にあるような場合だと、気が散り運気は下がるとされています。また元々沼地や海であるような場所で埋立地であったりして、水はけが悪いような土地であったりすると、気の循環が悪くなることからあまり好ましくない土地とされています。埋立地などの低い土地とは逆に高台にある土地などは湿気が低く、風通しもよいので住むのに好条件とされています。近くに鉄塔や高圧線があるのもダメだそうですね。過去に事件や事故のあったようなことを始め、このようなことに注意して土地を選んでいけば良いかもしれません。基本は北が丘など高台になっていて、東に水のきれいな川があり、南は低く広く開けていて、西に道路があるような土地が理想とされています。